BODY

痩せるための運動をやめたら、運動が劇的に楽しくなった

約2ヶ月前から、ジムで毎日、有酸素運動をしています。

 

これまでは週に4〜5回の筋トレだけで、

有酸素運動はダイエットのために仕方なく、たまにやるだけでしたが、

AppleWatchの購入を機に、もう少し体を動かそうと

毎日有酸素運動をするようになりました。

 

(AppleWatchは、つけているだけで運動量やワークアウトの時間、

1時間に1回は立ち上がる、などの健康管理をしてくれるので、

自然と体を動かすようになり、久々に買って良かったガジェットです)

 

有酸素運動の効果

トレッドミルで時速5kmで30分歩いているだけなので

運動強度としては軽いのですが、

毎日やるようになって変わったのは、

  • 体力がついた
  • 運動が楽しくなった(ついでに、ちょっと痩せたかも?)

この2つが大きいです。

体力がついた

もともと体力がなく、少し歩くだけで「しんどい、疲れる!」と

ゼェハァ息切れしていたのですが、

多少歩いても呼吸も乱れなくなりました。

おそらく、心肺機能が強くなったのでしょう。

 

また、歩くと脚、特にひざ下がだるくなりがちだったのですが、

こちらもほぼ痛くなることはありません。

 

以前は「歩くのが良い」とわかってはいても

すぐ息が上がったり、脚が痛くなったりして

なかなか歩くことに積極的になれなかったのですが、

すすんで歩くようになりました。

 

毎日1万歩以上は歩くようにしていますが、

体力的にも問題なく、かえって元気になった感じがします。

 

運動が楽しくなった

これまでの私にとって、ジムでする筋トレや有酸素運動は

痩せるため

のものでした。

 

でも、AppleWatchをつけ始めて

毎日、有酸素運動をするようになってから、

運動は”痩せるため”ではなく

  • 毎日体を動かすため
  • 自分の健康を維持するため

と考えるようになりました。

 

ダイエットのためにいくら運動を頑張ったところで、

消費できるカロリーなんて微々たるものですから、

「頑張ってるのに痩せない」

というフラストレーションだけが溜まります。

 

でも、「自分の健康のため」に体を動かすと、

そういった「ダイエットに関するストレス」から解放されます。

 

そして、「ただ体を動かすことが楽しい」のです。

 

 

外でウォーキングをした後など、あまりにもスッキリして

「気持ちいい〜!」

と思うこともあります。

 

歩くことも走ることも大嫌いだったので、

これには自分でも驚きましたが、

運動でストレスを解消する

というのは、きっとこういうことなんだと思います。

 

一生続けたい運動

筋トレは一生続ける趣味としてやっていましたが、

有酸素運動もストレッチも、

できる限りは続けたいと思っています。

 

ダイエットのためでも、ボディメイクのためでもなく

自分の体をできる限り健康に、

しなやかに動ける状態をキープするために。

 

歩かずに使っていた、バスやタクシー代も節約できて

一石二鳥どころか三鳥、四鳥にもなって良いですよ。

 

運動を習慣づけたい方は、

AppleWatchやスマートウォッチなどのガジェットを使ってみるのも

すごく良いと思います。

毎日、ゲーム感覚で運動ができるので、楽しいですよ。

 

ABOUT ME
みほ
フリーランスWebディレクター 2016年に加圧トレーニングを始めて半年でマイナス9kgを達成。その後、ボディメイクにハマり、筋トレや体の仕組みを勉強しながら、何歳になっても動けるしなやかな体づくりを目標に日々向上しています。 【キーワード】 ボディメイク / 心と体がラクになる生き方 / ブログづくり