MIND

自分のために怒り、不満、憎しみを捨てよう

見知らぬ他人にイライラする、職場の人に不満を抱く、理解のない家族に怒りがわく…。

私たちの日常には、怒りや不満、イライラがつきものです。

そんな時、怒りやイライラを相手にぶつけて、自分の正しさを主張し言い負かそうとしてしまいますが、我慢する方が得策です。

なぜなら、ネガティブな思いを相手にぶつけると自分がみじめになるだけだからです。

実体験から

ジムでトレーニングする人

私は毎日、ジムに行っているのですが、「トレーニングマシンを長時間独占する人」というのがたまにいます。

そのマシンを使いたい場合、「使いたいんですけどー」という空気を出して近くで待つのですが、全く気付かなくて、本当にイライラするんです。

ある日、長時間マシンを独占している人がいたので、勇気を出してその人にいつ終わるのか聞いてみました。

すると、「あと1セットやる」とのこと。すぐに譲って欲しかった私は

「もう40分以上使ってますよね?」と応戦。

流石にこれでやめてくれるだろうと思ったら、

「自分も(前の人が使ってるのを)待ってたから」

と全く悪びれもせず、暗に「待つのは当然」と言われてしまいました。

怒りをぶつけても誰も得しない

落ち込む女性

普通は人が待っていることを知ったら、少しぐらい恐縮するんじゃないの!?

自分の思い通りにいかず腹を立てた私は、トレーニングを途中でやめて家に帰りました。

さて、この出来事で誰が得したでしょう?

その男性はマシンを使い続けることができたので良かったかもしれませんが、私が声をかけたことで、不快な思いをした可能性は高いです。

私はといえば、マシンを使えず、トレーニングも途中でやめてしまい何も良いことはありませんでした。

そして何より、自分の思い通りにいかないイライラを口に出して相手にぶつけたことで自分が惨めになりました。

今日は他人が使っているから、と素直に諦めて別のマシンを使えばこんな思いはしなくて済んだのに。

イライラや不満が心にある時、その思いを相手にぶつけたらどんなに気分がいいだろうと思いがちですが、実際は気分が良くなることはなくて、逆に、不快な気持ちが自分に返ってきます。

だからイライラや怒り、不満がある時はなるべくそのことを考えないようにして、別の前向きなことに意識を向けるようにした方がいい。

イライラするだけ自分が損だからです。

なるべく楽しい気分で毎日過ごせるように自分自身で感情の表現をコントロールしたいと思っています。

↓最近読んだこちらの本にも、怒りを捨てる大切さが書いてありました。