AirPods Proは自分の世界に没頭できる良アイテム

2019年10月29日に突如Appleから発売されたワイヤレスイヤホン、AirPods Pro

 

これまでのAirPodsとは違い、カナル型でノイズキャンセリング機能もついた新しいイヤホンです。

 

私は、カナル型を着けたときの圧迫される感じや、自分の声が響く感じが苦手なので、AirPods Proはスルーする予定だったのですが、

 

YouTubeでのレビューでかつてないほどに評判が良く、特にカナル型特有の圧迫感がないということが言われていたので、試しに買ってみました。

早速着けてみると、これまで付けたカナル型とは違い、圧迫感は少なめです。これなら何とか大丈夫そう。

 

さらにノイズキャンセリング機能がすごくて、今はファミレスでこの記事を書いているのですが、AirPods Proを着けてノイズキャンセリングすると、空調の音や雑音がスッと消えて、一瞬で自分の世界に没頭できちゃいます。

 

雑音は消えるけど、人の声や食器のぶつかる音はうっすら聞こえているので安心感があります。

 

完全に自分の世界に入り込んで作業ができるので、集中する必要がある時にはぴったりですね。

 

そして使ってみて思ったのは「空調ってこんなにうるさいんだ」ということ。普段は全然気にならないですが、ノイズキャンセリングするとそのうるささが際立ちます。

 

AirPods Proを着けたときの状態は

  • ノイズキャンセリング
  • オフ
  • 外部音取り込み

の3種類あるので、周囲の音を聞きたい時には「外部音取り込み」モードにします。

 

「外部音取り込み」の場合も、外の音がそのまま聞こえているわけではなく、周囲の音をマイクで再現しているような、ちょっと不思議な感覚があります。自分の声は少し聞こえにくいです。

 

「オフ」にすると、ただイヤホンを着けているだけの状態になります。途端にイヤホンを耳に着けてる感が強まり、自分の声や足音が響くので、「オフ」では絶対に使えません。

 

ノイズキャンセリングと外部音取り込み機能が自然な着け心地に調節してくれているんですねー。よくわからないけどすごいな!

 

音質もいろいろと言われていますが、私は好きです。シャリシャリしつつソフトな感じが耳に優しくて、これまで使っていたAirPodsの音質よりも気に入っています。

 

散々バカにされてきた「耳からうどん」のうどん部分も短くなったし、カナル型を避けてきた方も一度Apple Storeなどで視聴(試着)してみると良いかもしれません。

 

ただし、私の場合ですが。

ノイズキャンセリングや外部音取り込みにしていても、やはり多少の圧迫感は感じます。ジムにいる間、2時間ぐらいつけていると圧迫感が気になってくることも多いです。いずれにしても長時間の装着は難しいと思います。あくまでの私の場合ですが。

 

でもノイズキャンセリングの静かさはそれを補って余りあるメリットです。

 

電車や飛行機の雑音も消してくれますし。仕事で集中したいとき、静かに考えごとをしたいときなど、周囲の雑音から離れたい時にぴったりのアイテムだと思います。

外で仕事をすることが多い方には特におすすめします!

 

そして、こうした新しい技術を活かした商品を次々使える時代に生きていることが、本当にありがたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました