ネガティブ思考をたった1ヶ月でポジティブに変える方法

こんにちは、mihoです。

 

失敗が怖い、積極的になれないなど、自分の消極的な気持ち(ネガティブ思考)を変えたいと思っている人は多いと思います。

 

仕事でもプライベートでも自信を持ってポジティブに取り組めたら、毎日がもっとワクワク楽しくなるはず。

 

そこで今日は「たった1ヶ月でネガティブ思考をポジティブに変える方法」を紹介したいと思います。

 

その方法とは、頭の中のネガティブ思考を排除してポジティブ思考に入れ替えること。

 

自分でやってみて明らかに効果を感じた方法です。ポジティブ思考になって人との関わり方も変わり、仕事もうまく回るようになりました。

 

以下に詳しく説明しますので、ネガティブ思考を変えたいと思っている方の参考になればうれしいです。

 

ネガティブ思考をたった1ヶ月で変える方法

ネガティブ思考の人は普段どんなことを考えているでしょうか?

 

職場であった嫌な出来事、辛かった記憶、家族へのイライラ、将来の不安などを1日じゅう頭の中で繰り返していませんか?

 

思考習慣は同じ考えが何度も繰り返されることによって作られます。

 

「辛い、イヤだ、イライラする」といったネガティブな思考を繰り返していると、それが思考習慣になり、やがて自分の信念となり、ひいては辛い現実を引き寄せてしまいます。

 

いくら1日1回アファメーションでポジティブな言葉を口にしても、それ以外の時間にネガティブな思いを繰り返していたら、ポジティブ思考の人にはなれません。

 

世界No.1のコーチ、アンソニー・ロビンズも言っています。

あなたの目標を阻止している唯一の要因は、自分に絶えず話しかけているネガティブな内容である
(アンソニー・ロビンズ)

 

これを読んで「確かに!」と納得していたわけですが、逆に考えたんです。

 

自分に絶えず話しかける内容がポジティブだったら、ポジティブ思考の人になれるんじゃないかと。

 

そこで、自分に絶えず話しかけてくるネガティブ思考を排除してポジティブ思考に入れ替える方法を考えてみました。

 

ネガティブ思考を排除するために

具体的にやったのは、自己啓発などのポジティブな本を、読み上げ版で聞き続ける。これだけです。

 

ジムで筋トレをしているときも有酸素運動をしているときも、移動中もずっと聞いています。仕事をするとき以外は聞くようにしています。

 

よく聞いているのはナポレオン・ヒルの「成功哲学」系の本。最近買ったAirPods Proでノイズキャンセリング機能を使って聞くと集中できます。

AirPods Proは自分の世界に没頭できる良アイテム
2019年10月29日に突如Appleから発売されたワイヤレスイヤホン、AirPods Pro。 これまでのAirPodsとは違い、カナル型でノイズキャンセリング機能もついた新しいイヤホンです。 私は、カナル型を...

 

耳に入ってくるのは前向きな考え方や行動の仕方で、ネガティブな思考が入り込む隙はほぼありません。

 

約1ヶ月たったころから、明らかに自分の考え方もポジティブに変わってきました。

 

先ほども書きましたが、思考習慣は同じ考えが何度も繰り返されることによって作られるからですね。明らかにネガティブ思考の割合が減りました。

仕事でイライラしたとき、今までなら相手を責めてばかりいましたが、今はすぐにネガティブ思考を排除して、ポジティブ思考で上書きしています。

 

上書きする内容は、何度も聞いてきた本の内容です。たとえば

  • 自分がやってほしいと思う事は率先して他人にそうしてあげる
  • 他人の気持ちになって行動する
  • 常に頼まれた以上の仕事をする

イライラした内容と関係なくても、ネガティブな思考をポジティブに入れ替えられればなんでも良いのです。とにかく早くネガティブ思考を手放すことが大切。

 

ポジティブ思考に入れ替えるとイライラした心がスッと安らぎ、気持ちが優しくなるのがわかります。

 

相手に当たったり怒りをぶつける事なく穏やかな気持ちで対応できるので、不要なトラブルもありません。

 

最近は、思考だけでなく行動もポジティブに変わってきました。仕事も上手く回り出したし、人生全体が上向きな感じです。

 

これまで通り「生きるのが面倒」「早く人生を終えたい」と毎日考え続けていたら、こんなに変わってなかったと思います。何より自分が生きやすくなったのが嬉しいです。

 

もしネガティブ思考を変えられずに悩んでいる方がいたら、ポジティブな内容をとにかく聞き続けること。ぜひ試してみてください。

 

↓聞き流しにおすすめの本、ナポレオン・ヒル「悪魔を出し抜け!」。私たちが怠惰に流されやすい理由がよくわかります。

タイトルとURLをコピーしました