WORK

Apple Watchと「Things 3」でめんどうなことを習慣化する方法

こんにちは、みほです。

最近、Todoや買い物リストなどを全てタスク管理アプリ「Things 3」で管理しています。


Things 3 for iPad – Cultured Code GmbH & Co. KG

1,220円とちょっと高いのですが、なぜこれを使っているかと言うと、ポイントは2つあります。

  • Apple Watchからワンタップで音声入力ができる
  • 1番上のタスクがApple Watchに表示される

このどちらもiPhone純正の「リマインダー」アプリではできないのです。

2.は、「リマインダー 」の場合、複数のタスクがあると「今日が期限:5件」といった具合にまとめられてしまって、次に何をするべきなのかが見えないので、やはり「Things」の方が便利です。

「Things」の画面

「Things」のタスクはApple Watchにこんな風に表示されます(左下)。文字盤によって違うと思いますが、私はインフォグラフを使っています。

今、一番上にあるタスクが表示されるのですが、「ブログを書く」が出ていますので、私はこうしてブログを書いています。

ちなみに、タスクの並べ替えはiPhoneでやります。

タスクをタップすると今日のリストが表示されますので、終わったものから消していきます。

リストはこちら。

左側の四角の部分をタップするとタスクが消えるのですが、この時に小さな達成感があって、病みつきになります。

習慣化にも使える!

今は習慣化したいことを「みんチャレ」というアプリで同じ目標を持つ5人の仲間に報告するということも毎日やっています。

もちろんこれも「Things」に入れています。

毎日行うことは「繰り返し設定」ができますので忘れることもありませんし、消すのが楽しくて必ず実行しますので、自然と習慣化が身に付きます。

買い物リストとしても

買い物リストを登録した場合はこんな感じです。

思いついたものはどんどんこの「Things」に入れておけば買い忘れも防ぐことができます。

いつでもどこでも「Things」

Apple Watchから1タップで音声入力ができるので、いつでもどこでも、歩きながらでも登録ができて、超便利です!

キッチンにいる時など、iPhoneが手元にない場合も多いですよね。

iPhoneを取りに行く数秒で「あれ、なにを登録するんだっけ?」と忘れてしまう私には、AppleWatchで簡単に登録できる「Things」は必需品です。

毎日リストをこなすだけ

私の毎日は、基本「Things」に表示されているものを淡々とこなしていくだけです。「次にやる事は何だっけ?」など考える必要もないので、意志力の消耗も最小限にできます。

意志力というのは「自分をコントロールして物事を成し遂げる力」のこと。

意志力が減ると、私の場合かなりの確率で夕方のドカ食いを我慢できなくなってしまいますので、どれだけ意思力を使わずに1日を過ごせるか、ということにかなり気を使っています。

「Things」でのタスク管理はその点でも、ひじょうに役立っていると思います!

そんな感じで便利で楽しい「Things」をご紹介しました。タスク管理アプリを探している方の参考になれば嬉しいです。

ではでは!