「食欲をおさえる食べ方」が想像以上に良かったので聞いてほしい

こんにちは、Mihoです。

 

突然ですが、あなたは食欲を自分でコントロールすることができますか?

 

ダイエットとリバウンドを何度も繰り返している方のなかには特に、食欲をコントロールするのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

お腹が空いているわけでもないのについ食べてしまう、ダイエット中なのに甘いものが頭から離れない、特定の食べ物が身近に置いてあるとソワソワして我慢できなくなる、など。

 

食欲をコントロールできたらダイエットも成功できるのに。食欲をコントロールできればダイエット後のキープも楽なのに。

 

ダイエット成功のカギは「食欲をコントロールできるかどうか」にあるといっても過言ではありません。

 

最近読んだこちらの本には、そんな食欲コントロールに悩むダイエッターのための「食欲鎮静術」が紹介されています。

 

食欲をコントロールするのは量より味

本書によると、食欲を抑えるために必要なのは「味で満足できるようになる」こと。

 

食べる量やカロリーは関係ありません。

 

リバウンドに悩む人は食事をちゃんと味わって食べていないので、味で満足することができないんだそうです。

 

お腹が空いていないのに何か欲しくなったり、甘いものが頭から離れなかったり、一度袋を開けたらとまらなかったり…。

 

しっかり味わうことができていないから、食欲に振り回されてしまうのだといいます。

 

食べ物をしっかり味わうには

食べ物を味わうには、味覚に特化した神経が多い”舌先3分の2”で味わって食べると良いんだそう。

 

舌先で味わって食べると、ひとくちで感じる美味しさと幸福感が格段に上がるので、イライラして食べ過ぎることもありません。

 

 

”舌先に集中する”というのは、最近よく聞く「マインドフルネス」の手法ですね。本書では瞑想と表現されています。

 

 

瞑想しながら食べることで、自分の食欲や感情を客観視することができます。また、味覚を研ぎ澄ますことにより食欲がおさまり、自然と腹八分が叶えられるのです。

 

 

まさに今リバウンドに悩んでいる私。こんなことで食欲がおさまるのかと半信半疑でしたが、早速試してみました。

 

 

これが今朝の朝食。ホテルのバイキングです。

普段から朝はしっかり食べるので、このくらいは余裕で食べられる量です。

 

舌先で味わいながら食べてみると自然とよく噛むようになり、飲み込んだ食べ物が胃に入っていくのを感じます。

 

味を特段感じるわけではないのですが、なんだかすごくいい感じです。

 

 

こんなの初めて💓

 

 

という幸せな気持ちに。舌先に集中して食べているだけなのに不思議です。

 

途中で胃が「もういらない」という感覚になったので、サラダと蒸し鶏を3分の1残すことにしました。(残すのはあまり良くないですが、自分の体の声を大切にするのが優先)

 

結果、食欲が抑えられて、腹八分、いや本当に腹六分ほどで食事を終えた自分がいました。満腹じゃないので胃も快適です。

 

 

なんでしょう?この感覚は。ちょっと感動すらありました😂

 

 

まだ一食だけなので、たまたま胃の調子が良くなかったのではということもあり得るのですが、すこぶる健康なので多分そういうことではないと思うんですよね。

 

 

長い間、食欲をコントロールできない自分が怖くて、毎日食べるものを決めておかないと不安だったし、想定外の食事になると「あれは食べちゃだめ、これは良い」と毎回ジャッジしなければいけないのがストレスで食事を楽しむことなど全然できませんでした。

 

ですので満腹になる前に食事を終えられ、なおかつ満足している状態が信じられません。

 

 

なんとなくですが、この食事方法ならいけるような気がしています。根拠はないけどそんな気がする。

 

 

***

 

夜は仕事先の人と広島風お好み焼きを食べにいきました。


広島風お好み焼き、焼きそば、牡蠣

 

舌先で味わいながらだと食べ過ぎることもなく、食べ終わった後に食欲が爆発することもなく、平和に美味しくいただくことができました。

 

食欲を自分でコントロールできる、と思えるだけで食事をこんなに楽しめるとは!

 

というか、外食の後はたいてい一人で甘いものをドカ食いしちゃうので、まず外食なんてしなかったんですよ。でも舌先で味わえば大丈夫、という謎の自信がわいて今日は外食ができた。

 

これは想像以上に効果的かもしれません!

 

食欲をコントロールできない、何を食べても満足できない、などの悩みがある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

舌先で味わう方法だけではなく、胃で重さや温かさを感じることも同時に行ったり、詳しいやり方や根拠も書いてあるので、まずは本を読んでみてください!オススメです。

タイトルとURLをコピーしました